保護者からの声


保護者の感想

まなびのいえでは、子どもたちが「楽しく、自由に、自ら学ぶ」ことを大切に、安曇野でプログラミングを中心にした学びの場創りをしています。
そんなまなびのいえに通っている子どもの保護者の方からの感想です。まなびのいえを選ぶ参考にしていただければ嬉しいです。

・小学3年生男子 Scratchジュニアコース(全10回)
・小学3年生男子 Scratchはじめてのプログラミングコース(全12回)
・小学5年生女子 Scratchはじめてのプログラミングコース(全12回)
・中学1年生男子 Scratchステップアップコース(全12回)
・中学1年生男子 Scratchプロフェッショナルコース(全12回)

Scratchジュニアコース(全10回)

<小学3年生男子>
小3の発達凸凹がある息子が、まなびのいえに半年通った感想です。

小3の息子には発達凸凹があり、読み書き、計算が困難で支援級にも通級しています。
息子の為に何か習い事をさせたい。と思っていましたが、こだわりも強く、なかなか息子に向いた習い事が見つけられずにいました。
おまけにゲーム大好き!!

そんな時に、現在の「まなびのいえ」の小高さんが主催するプログラミングの体験会があると聞いて申し込みました。
息子が行ってくれるか心配でしたが、「自分でゲームを作れる体験会」ということで、「じゃあ行ってもいい」との快諾。

当日は他にも何組か参加者もいて、和気あいあいとした雰囲気でした。
余程、先生との性格などが合わない限り通わせるつもりでいたので、息子の気持ちが変わらぬうちに申し込みも済まし、
キーボードの扱いには慣れていなくて、普段からタブレットを使っていたので、タブレットを使った「scratchジュニアコース」でスタートしました。

一応全10回のコース(月2回、半年)で、毎回テーマ(ミッション)が決まっていましたが、
小高さんは、子供たちの「やりたい!」気持ちを尊重して下さるので、「今日はこれやりたくない」「今日はこれやりたい」といった息子の気まぐれにも根気よく付き合って下さいました。
少人数での良い所だと思いますが、小高さんの素晴らしいところは、子供と真っ直ぐに、対等に向き合ってくれるところ。
その時の子供の気持ちにすごく寄り添ってくれたところ。
そして、絶対に怒りません(笑)
口調が強くなる事もなく、終始穏やかな口調で優しく接してくれます。

こだわりも強く、嫌なものは嫌!の息子が半年間嫌がらずに通えたのは、小高さんという人が、プログラミングを通して息子の存在を認めて、受け入れてくれたおかげだと思います。
息子もとても懐いて驚きました。

机を並べて勉強をする、というより、自宅のリビングや居間の様な空間で、友達と仲良くあーでもない、こーでもない、とお話しもしながらプログラミングをしている。という感覚です。

発表会の様なものもありません。
まっさらな所からスタートして、毎回子供なりに作りたい物を作り、最終的には学んだ全てを盛り込んでひとつのストーリーの様なゲームをしっかり作っていて驚きました。

もしかしたら、この感想は発達凸凹がある子供と、その母親の偏った感想かもしれませんが、同じような悩みを抱えて行き場所がない親御さんにとっては、子供にも、そして親にも、「自分はこれで良いんだ。これで大丈夫なんだ。」と思える居場所になるんじゃないかと思います。

もちろん!本格的にプログラミングを学びたい!という人にはちゃんと教えてくれる場所だと思います!

2020年、小学校でもプログラミングの授業が始まります。
ゲーム好きな子供さんや、他とちょっと違う習い事をしてみたい、プログラミングがどんなものか知りたい、という親御さんにもおすすめしたい教室です。

Scratchはじめてのプログラミングコース(全12回)

<小学3年生男子>
■プログラミング教室を探した理由・きっかけ
数字やデジタルな物、PCが大好きな息子には、プログラミングが合っているのではないかと以前から思っていました。
息子には「プログラミング面白そう。やってみない?」と声をかけていましたが「習い事=面倒くさい」と思っているようで嫌がっていましたが、まなびのいえの体験教室でマイクラのプログラミングを見つけて、ちょうどSWITCHのマイクラにはまっていた時なので「プログラミング=ゲームを自分で作るもの」と思ったようで、自分からやってみたいと言いました。

■まなびのいえに通わせてみようと思った理由
きっかけはマイクラのプログラミングですが、息子には赤ちゃんの時からマイペースで、過度に管理された教室や自由のない場所が苦手で、親として試行錯誤してきました。
その中で、学校、家庭、近所以外の場所で息子が過ごすことも息子のためになるのではと考えていました。
まなびのいえのHPを見た時に、「子どものまなびを評価しない、成果と求めない。」という言葉を見つけ、マイペースな息子もこの場所なら受け入れて下さると思い、また息子も自分の面白いと思ったこと、興味のあることを自由に学べ、何より楽しい時間を過ごすことが出来ると思いました。

■子どもを通わせてみて、まなびのいえはどんな場所か
<子どもにとって>
習い事に行って何か勉強している、というよりは、自分の好きなPCを沢山できて、ゲームをやりに行っているという感覚に近いと思います。
ただ息子にとって、まなびのいえの時間はとても楽しいようで、行く日の天気を気にしたり、USBやテキストを忘れていないか自分から確認したり、自分がまなびのいえで安心して楽しめるように考えいているように思います。

<親にとって>
親、学校の先生以外の大人(先生)と接することによって、子どもの世界が広くなったと感じています。まなびのいえでスクラッチをやる時間を息子は本当に楽しく感じているようで、その姿を見て、私は今まで発達に凸凹がある息子が、社会で成長することばかりを考えていたと反省しました。
子どもが自分の好きな環境で、好きな事を自由にやれることが大切なのだと思いました。

■迷っている保護者のみなさまへ
私はプログラミング=難しい、特別なことと考えていましたが、子どもの柔軟な頭には、ゲームをする感覚と同じように、すぐに慣れることが出来ました。
息子は人とコミュニケーションをとることが苦手で、習いごとをすること自体、親は心配していましたが、信頼する先生の前では、少しずつですが自分からコミュニケーションをとるようになったことを嬉しく感じています。
子どもの興味を持ったことを、大人から指示だけで動かそうとするのではなく、子どもが自ら考えて行動できる場所だと思います。
子どもの自主性や好奇心を伸ばせる場所だと思います。
また、プログラミングのソフト以外に、PCの操作(USBの扱い、フォルダの整理など)にも慣れることが出来ました。

<小学5年生女子>
■プログラミング教室を探した理由・きっかけ
NHKのプログラミングの番組をたまたま子どもが見て、「お母さん!私プログラミングやってみたい!!何か面白そう!」と話してきました。
私も、一年程前に、新聞で子どものプログラミング学習の記事を見て、よくは分からなかったのですが、直感でもの作りが大好きな子どもにとって向いているのではないか!と思い、気になっていました。
常々、何か子どもが夢中になれる場があれば、どこかにそんな教室があれば通わせたいと思い、探し始めたのがきっかけです。

■まなびのいえに通わせてみようと思った理由
①ホームページを見て、かしこまらず、自由な雰囲気を感じ、
②体験レッスンがあったこと
③実際に体験レッスンをして、子どもが夢中になりやっている様子、形にはまらない雰囲気に、人見知りの我が子もすぐに馴染めそうと直感したこと
④そして、何より子どもが「楽しかった!またやりたい!」と自分から言っていること

■子どもを通わせてみて、まなびのいえはどんな場所か
<子どもにとって>
子どもにとっては、毎回とても楽しみな時間・場所になっています。
絵を描くのが大好きな上に、自分で考えたキャラクターが思い通りに操作できたり、自由に学べることが何より楽しい様子です。
そして、自分のペースで学べるのが、安心で子どもに合っているようです。

<親にとって>
作品ができあがるまでの考える過程、また、自らこんな風にやってみたい!と、自分からやりたいことをのびのびと自由な発想でやれることって、なかなか出会えないのではないかと思い、とても貴重な学びだと、嬉しく感じています。
それが一人ではなく、皆んながいる空間で、皆が夢中になり真剣な空気の中やっている時間が、子どもにとって心地よい場所になっていると思います。

また、学びの計画・進行がしっかりしているので、段階を追って新しいことを学べることは嬉しいことだと思っています。

■迷っている保護者のみなさまへ
少しでも興味があれば、是非体験レッスンを受けてみてください!
子どもが楽しんで、どんどん吸収して学んでいく姿がみれると思います!

Scratchステップアップコース(全12回)

<中学1年生男子>
■子どもを通わせてみて、まなびのいえはどんな場所か
子どもにとって学びの場であり、可能性を引き出す場。
保護者にとって、個人の人格を尊重してもらえる安心の場。

■迷っている保護者のみなさまへ
習い事の先生のほとんどがアルバイト。人格によるので、アルバイトが良くないとはいえないが「まなびの家」は、先生が心を込めてその個を見てくれます。
子どものパソコンへの興味を抑えることは難しいけれど、ただのユーザーから、製作者になるのは全く別次元。
ひとつひとつ物事を組み立てるプログラミングは、ピアノのように、先を考える感覚がとても必要で、大変学びになると思います。

Scratchプロフェッショナルコース(全12回)

<中学1年生男子>
■子どもを通わせてみて、まなびのいえはどんな場所か
子どもにとって、興味や関心が満たされる意味のある場所。
保護者にとって、子どもが生き生きとした顔で過ごせる場所。

■迷っている保護者のみなさまへ
小学校に入学して、すぐに「学校ってなんなの?自由が何もない」と言ったわが子。それから、「なぜ音楽で歌いたくもない歌を歌わなければならないのか」、「道徳って意味が分からないから授業にでたくない」などなど学校は苦痛な時間のようでした。そんな子どもに、学校外で何か楽しい場所はないものかと、いろいろ試してみました。英語に太鼓に野球。どれも本人もやってみたいと言ったものでしたが、今日は行くのやめると言う日が増えました。親としては一度始めたものを簡単にやめたら忍耐力がつかないと思い、ガミガミ言いながら続けさせていましたが、今思えば子どもに悪い事をしたなと感じています。なぜかと言えば、まなびのいえに通い始めて、子どもが生き生きと自分から進んでやっている姿を見れたからです。本当に楽しければ親がやれやれ言わなくても、勝手に自分でやるんだなと分かりました。5年生から始めて、今、中1になりましたが、プログラミング教室の日は、早く行きたいと言って始まる30分前には教室に着いています。まなびのいえとの出会いに感謝しています。
 

プログラミング体験会のご案内

まなびのいえでは、定期的に子ども向けのプログラミング体験会を開催しています。
保護者のみなさまにとっては、子どもたちが活き活きと学び、通い続かられる場所。それが、まなびのいえです。子どもたちのペースで、自分の好きな事を思う存分体験させてあげたい、そう思ったら、ぜひ一度まなびのいえでの体験会にご参加ください。
体験会については、こちらで随時日程を更新しています。

プログラミング体験会 開催日程はこちらから
 
もし、事前に教室のことやプログラミングのことを聞いてみたい、またお子さんのことで相談していことがある時は、以下お問合せフォームからご連絡ください。

まなびのいえへのお問合せ